木型・鋳造用木型 デザインモデル ワーキングモデル 治具 3Dリアルモデリング リバースエンジニアリング

【愛知】3D模型製作会社に依頼できるモックアップの意味や業界別の使用例 料金相談なら

本格的な商品を開発する前段階として、モックアップ(試作品)の製作を検討することは多いでしょう。こちらでは、モックアップの意味と重要な役割について、モックアップの業界別の使用例を交えながら詳しくご紹介しています。

愛知で3D模型製作会社をお探しなら、有限会社佐藤木型製作所をご利用ください。これまで多くのモックアップ製作に携わってきた経験を活かして、製品開発のお手伝いをいたします。

モックアップの意味と必要性

モックアップとは、「試作品の模型」のことで、本物そっくりの見本品のことを言います。正式名称はモックアップですが、言いやすさから短縮して「モック」と呼ばれることもあります。試作品であるモックアップには、以下の重要な役割があります。

全体の構造を把握し課題や修正点を見つける

モックアップを制作することで、設計など本格的な商品開発の前段階で全体の構造(ビジュアル)を把握することが可能です。

それによって、早期に課題や修正点を発見できる利点があります。試作の模型から全体の構造を把握し、課題や修正点を早期に洗い出すことで、市場に販売する前にミスを防ぐことができるのです。

購買意欲を促す展示見本として使用する

本物の商品を展示するのが、経費上の問題やセキュリティー対策で難しい場合、商品見本として、モックアップを使用することがあります。サイズや形状が同じモックアップを見本として展示することで、大体の商品の全体がわかるようにできるだけでなく、消費者の購買意欲を促すことができます。

特にスマホなど、カラーバリエーションが豊富な場合は、試作品でカラーが確認できれば問題ないので、モックアップを展示しているケースもよく見られます。

3D模型製作に対応する愛知の有限会社佐藤木型製作所では、自動車産業や建築関係をはじめ、様々な分野のモックアップ製作を随時受け付けております。料金が気になる方は、気軽に見積もり料金の依頼も可能ですので、いつでもお問い合わせください。

モックアップの業界別の使用例を紹介!愛知の3D模型製作会社で製作可能な商品は?

ミニチュアハウス

モックアップの業界別の使用例についてご紹介していきます。

自動車業界

自動車の各部品や展示用のコンセプトカーなど、販売前の設計段階で実物大のモックアップを製作します。

原寸模型で全体のチェックや細部の微調整を行い、量産前に問題なく商品化が成功するよう努めます。木製やプラスチック、鋳造、アルミ製品などで製作されます。

建築業界

建築業界のモックアップは、ミニチュアサイズのものが一般的です。建築前にビルやマンションまたは部屋の模型を製作し、全体像の把握に努め、施主と調整などが行われます。

家電業界

家電業界では、 商品設計、展示見本の両方でモックアップが活用されています。テレビやエアコン、パソコンにスマートフォンやデジタルカメラなど様々な家電で製作されています。

IT業界

IT業界では、WEBサイトやアプリ開発などのテスト段階で、全体のデザインを確認したい時にモックアップが製作されます。視覚的にモックアップをチェックし、完成イメージに修正点や問題点が無いかを見ていきます。

3D模型製作会社をお探しの方のご依頼に対応する、愛知の有限会社佐藤木型製作所では、モデルデータの作成のみのご依頼にも対応可能です。愛知で3D模型製作会社をお探しならぜひご活用ください。

モックアップの使い方とよく似た類語を解説!

指を指すビジネスマン

モックアップの使い方・例文と類語についてご紹介します。

モックアップの例文

  • 例文1
    「前回の会議で決まったデザインと方向性で、次回の会議までに製品のモックアップを用意しておくように」
  • 例文2
    「店頭の棚に置いてあるから本物だと思ったけれど、このスマートフォン、モックアップだったね」

また、モックアップと混同しやすい類語には以下のようなものがあります。

サンプル

サンプルは見本といった意味合いがあり、パッケージサンプルや食品サンプル、化粧品サンプルなど、色々なサンプルがあります。実際に使えるものと使えないものがサンプルにはあり、モックアップはサンプルの中の1つになります。

プロトタイプ

プロトタイプは試作品を意味しており、機能のテストを行います。実際に機能的に使えるものがプロトタイプで、実物大模型で実際には使えないものが、モックアップになります。

愛知の3D模型製作会社の有限会社佐藤木型製作所では、お客様の情報資産や商品資産を保護するため、全ての部屋でセキュリティー対策を行っております。また、主要設備には3D設計・機械加工やモノづくりに必要なCAD・CAMを含めたあらゆる機器が揃っております。

モックアップ製作に、万全の体制を整えておりますので、愛知の3D模型製作会社をお探しの方は、有限会社佐藤木型製作所に安心してご依頼ください。

3D模型制作は愛知の会社・有限会社佐藤木型製作所にご依頼を!料金のご相談もお気軽に

愛知の3D模型製作会社・有限会社佐藤木型製作所では、自動車・家電・建築など、様々な分野のモックアップ製作やモデルデータ作成を、随時受け付けております。料金に関するお問い合わせも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

愛知の3D模型製作会社にモックアップの作成を依頼するなら有限会社佐藤木型製作所へ

会社名
有限会社 佐藤木型製作所
sato kigata seisakusho Co., Ltd
代表取締役 佐藤裕仁
住所 〒485-0081 愛知県小牧市大字横内 立野 680-1
TEL (0568) 65-8871
FAX (0568) 65-8872
URL https://sato-kigata.com/
事業内容
  • ・木型(諸機械など鋳造用木型)
  • ・三次元CAD/CAMデータ、NCデータ作成、3Dモデリング
  • ・自動車部品検査治具(検査ゲージ)、各種治具設計製作
  • ・デザインモデル、マスターモデル、樹脂加工モデル製作
  • ・モックアップモデル、ワーキングモデル、試作モデル製作
  • ・試作金型、小量産金型(ZAS金型、アルミ金型)設計製作
  • ・プラスチック試作品
  • ・試作品、試作部品
  • ・デジタル3Dコンテンツ
主な取引先
  • 砂型鋳造関連メーカー
  • 自動車、航空、工業製品、産業設備、住設備
  • アミューズメント関連メーカー 約50社
取引銀行 愛知銀行 江南支店、岐阜信用金庫 東江南支店
創業 昭和45年
資本金 5000千円
社員数 30名