木型・鋳造用木型 デザインモデル ワーキングモデル 治具 3Dリアルモデリング リバースエンジニアリング

鋳造用木型の製作・加工の相談がしたい方へ!木型の歴史と依頼から納品までの流れ

鋳造用木型の製作は機械加工のみならず、現在も職人の手加工による技術が欠かせません。鋳造用木型の製作や加工を専門の業者に相談したいが、実際の手順はどういうものか、事前に予備知識として知っておきたい方も多いでしょう。

こちらでは、鋳造用木型の制作依頼から納品までの流れと、日本の木型の歴史をまとめていますので、鋳造用木型の参考にお役立てください。

鋳造用木型の歴史について知っておこう!鋳造用木型の製作のルーツを紹介!

鋳造用木型の製品

日本での木型の歴史は、古くは奈良時代の仏像製作に木型が用いられていましたが、需要は少なく、広く認知されるものではありませんでした。

木型産業の先駆けは、文久3年(1863年)頃、当時の幕府によって作られた海軍長崎造船所・横須賀造船所において、宮大工、指物師、建具職達がオランダ人技師の指導の下、鋳造用木型を製作したのが始まりだといわれています。

明治維新後には、産業革命が起こり、鋳物の大量生産による木型の需要が急速に拡大しました。当時は汽車の導入に金属機械の発達、水道管の普及による鋳鉄管(ちゅうてつかん)の鋳物などがよく製作されていました。

木型産業は発展し続け、昭和20年代には特需景気や高度経済成長の影響で盛えた産業界で、様々な分野で木型の用途が増えました。デザインモデル、製品モデル、プラスチック成形用モデルとしての需要が木型に集まったのです。

その後も木型製作には技術開発の波が訪れ、様々な変化と発展を遂げ、現在まで飛躍し続けています。

有限会社佐藤木型製作所では、熟練の職人技でクオリティーの高い鋳造用木型を手加工で製作するとともに、3D設計による機械加工で鋳造用の木型を製作することも可能です。鋳造用木型の製作依頼をお考えなら、お気軽にご相談ください。

鋳造用木型の制作依頼から納品までの流れをご紹介!製作と加工相談はプロの製作所で!

お問い合わせフォーム

有限会社佐藤木型製作所で、鋳造用木型の製作依頼をした場合の納品までの流れをご紹介します。

1.TELまたはメールにてお問い合わせ

まずは、お電話またはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

2.打ち合わせ(方案決め)

打ち合わせで依頼者の製作目的や求める形、木型のサイズを理解し、図面の作成に取り掛かります。

3.3DCADにて型設計

図面や資料をもとに、正確な型データを3次元の型設計で完成させます。

4.型データ承認

完成した型データをお客様に確認してもらいます。修正箇所があれば調整し、承認をいただきます。

5.CAMにて加工データ作成

承認をいただきましたら、CAMにて加工データ作成を行います。

6.機械加工

木型を機械加工していきます。有限会社佐藤木型製作所では、様々な設備を揃えており、複雑な木型にも対応いたします。

7.組み付け、仕上げ

職人の手作業で木型の仕上げや組付けを丁寧に行います。

8.納入前検査

納入前には、しっかりと検査を行い品質の高い製品を納品できるように努めております。

9.納品

納入前検査まで完了すれば納品となります。

有限会社佐藤木型製作所は、複雑な形状にも正確な型割りを行い、お客様のご希望の製品形状に忠実な鋳造用木型の製作が可能です。鋳造用木型の製作依頼は、有限会社佐藤木型製作所にお任せください。

鋳造用木型の制作は有限会社佐藤木型製作所で!特殊加工の相談にも対応!

木型の歴史と、鋳造用木型の制作依頼から納品までの流れをご紹介しました。有限会社佐藤木型製作所では、様々なご依頼に柔軟に対応しています。ご不明点がありましたら、お気軽に有限会社佐藤木型製作所にお問い合わせください。特殊加工のご相談にも対応しています。

鋳造用木型の製作や加工の相談は有限会社佐藤木型製作所へ

会社名
有限会社 佐藤木型製作所
sato kigata seisakusho Co., Ltd
代表取締役 佐藤裕仁
住所 〒485-0081 愛知県小牧市大字横内 立野 680-1
TEL (0568) 65-8871
FAX (0568) 65-8872
URL https://sato-kigata.com/
事業内容
  • ・木型(諸機械など鋳造用木型)
  • ・三次元CAD/CAMデータ、NCデータ作成、3Dモデリング
  • ・自動車部品検査治具(検査ゲージ)、各種治具設計製作
  • ・デザインモデル、マスターモデル、樹脂加工モデル製作
  • ・モックアップモデル、ワーキングモデル、試作モデル製作
  • ・試作金型、小量産金型(ZAS金型、アルミ金型)設計製作
  • ・プラスチック試作品
  • ・試作品、試作部品
  • ・デジタル3Dコンテンツ
主な取引先
  • 砂型鋳造関連メーカー
  • 自動車、航空、工業製品、産業設備、住設備
  • アミューズメント関連メーカー 約50社
取引銀行 愛知銀行 江南支店、岐阜信用金庫 東江南支店
創業 昭和45年
資本金 5000千円
社員数 30名